2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル売り強まるも、一気に下抜けはせず・・・。 | トップページ | ユーロドルはきっちり損切りしながらトレード。 »

2009年4月26日 (日)

売るならユーロ、それともドル?

今週は週中でユーロドルが切り返して、週後半がドル売り一色になりました。アップダウンが激しい状況に変わりなく、大きな流れに注意しつつも早めに利食いしないと中々利益が上がらない相場になりそうです。あまり日々の小さな動きに捕われず、トレードすることを心がけて行きたいですね。さてテクニカルですが・・・。



【USDJPY/ドル円】

日足では短期線を下抜けたことに続き、サポートラインもブレイク。シグナルとしては明確な売りシグナル点灯も、急速に下落するわけでもなくいつもと違うパターンで下落している。200日線をブレイクできずフェイルした格好なこともあり、中長期での下落基調を確認した形になる。ただしユーロドル等他通貨ではドル買いであることもあり、急速な下落-87円をブレイクするような-はないと思われる。スクイズに注意しながらも、上値では戻り売りしておきたい。当面の下値目処は94円Mid-95円Lowを想定しておきたい。



【EURUSD/ユーロドル】

先々週からの下落も1.2891まで下落した後に急速な巻き戻しが入った。想定よりもスピードが速いかったこともあり、止まると読んでいた1.31ドルをブレイクしての1.33ドルまでの戻しとなった。ただし、現状日足でも未だ下落の途中に過ぎず、踏み上げてはいない。上値の目処は3/23の1.3735からのレジスタンスラインが位置する1.3351と、最高値からのレジスタンスラインである1.3636までの二つになる。本命は1.3636だが、そこまで上昇するかは激しく疑問であるので、どこで止まるか?しっかり見極めてのショート構築といきたい。



【EURJPY/ユーロ円】

4/6の高値から下落を続けていたが、過去のサポートラインのひとつに支えられ一時的に下げ止まっている模様。ただし、130円に定着しなければ再度下落することは必死なので、来週週初の動きが重要になってくる。もし、再度上値を試し130円に乗せられれば、ショートは一旦中止。もし下値を試し、ブレイクしたら再度追撃売りになる。ユーロドルの位置、ドル円の位置にも注意を払いながら対処したい。以前、下値模索であることはお忘れなく。



« ドル売り強まるも、一気に下抜けはせず・・・。 | トップページ | ユーロドルはきっちり損切りしながらトレード。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル売り強まるも、一気に下抜けはせず・・・。 | トップページ | ユーロドルはきっちり損切りしながらトレード。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ