2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円のトリプルトップに注意したい。 | トップページ | ユーロドル上抜けも追従は慎重に。 »

2009年3月15日 (日)

ユーロドルのサポートがワークするならドル売りへ。

先週はドル円ではドル買い、ユーロドルではドル売りの流れになり、それぞれ新たな動きが見えてきました。今週はその動きが継続するのか?確認する週になります。今までの中長期の流れは円≧ドル>ユーロでした。それが短期的にドル≧円>ユーロになっていましたが、どこかで円≧ユーロ>ドルになると見ています。時期的にはもう少し後になると考えていたのですが、予想より早いのかもしれませんね。この後も注意してトレンドを観ていきたいです。

【ドル円/USDJPY】

時間足では99円台が重くなっている。下値を切り下げており、トリプルトップの形になるなら来週始めに上がったところを売りに回りたいところだ。日足では短期線が96円Lowにあり、長期線が100円Lowにある形となっている。短期線を切ったなら売りに入るパターンで、短期線がサポートされるなら買いに入るパターンとなっている。とりあえず来週は100円をバックに売り検討になるだろう。ちなみに週足では124円からのレジスタンスラインを平行移動させ、110円をトップとすると今の位置がちょうどレジスタンスラインにあたる。総合すると来週の戦術としては、98円Mid~99円台での売りを仕込み、S/Lを100円越えに入れておきたい。ただし、ツッコミ売りは禁止で95.80-96.20で一部買戻しで様子見したい。

【ユーロドル/EURUSD】

底値圏を這っているものの、一応日足の短期線を越えてきた。1.27Lowにあるこの短期線がサポートとしてワークするようなら再び三角持合の上値を試すことも視野に入ってくる。とにもかくにも短期線のサポートがワークするか?確認しての勝負だろう。一方、踏み上げモードを想定すると、今の1.29Low-1.30は目先高値になりやすく手を出しづらい。せめて1.31をブレイクするまでは突っ込んで買いたくないところだ。ユーロドルの特性上1.31をブレイクすると押さずに駆け上がる可能性があるので、抜けたら食らいついていきたい。

【ユーロ円/EURJPY】

ユーロドル、ドル円の上げでユーロ円は単独で見ると堅調に見える。ただ未だ131円をブレイクしていないので、ブルトレンドとはいえない。あくまで112-131円でのレンジ相場と判断しておきたい。また、120-121円を下に割れるとS/Lを叩く可能性があるのでロングを持つ人は注意しておきたい。(一時的な投げで終わる場合も含めて)とりあえずは122円Midの短期線を維持できるか?がひとつの指標になると思われる。そこで押し目を買うくらいのつもりで待ちたい。



上記でも述べたがユーロドルが日足の短期線を越えてきており、これをサポートに変えられるか?が注目だろう。その場合はドル売り圧力が高まり、ドル円も上値を限定されると思われる。もちろん今すぐ大きくがドル売られるとも思えないが、持ち合いに入る可能性が非常に高くなってくる。今年の前半戦の動きを左右する可能性が高いので注目していきたい。

« ドル円のトリプルトップに注意したい。 | トップページ | ユーロドル上抜けも追従は慎重に。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円のトリプルトップに注意したい。 | トップページ | ユーロドル上抜けも追従は慎重に。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ