2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 失業率の悪化もショートカバー優勢。 | トップページ | ドル円は日足の売りと時間足の買いで交錯中。 »

2009年3月 8日 (日)

年度末に向けてのフローにも注目。

先週は米国失業率が悪いにもかかわらず、ダウはプラス圏で引けました。ドル円は戻すとは思っていたのですが97円Midで止まると思ったので、利食いをミスっちゃいました。ただし、これでドル円はやはり日足ではドルブルの方向に動くことが確認できましたので、これから数ヶ月はドル高方向に動くでしょうから、押し目を買い、上では売ることを繰り返して行きたいです。さてそれではテクニカルについて述べたいと思います。

【ドル円/USDJPY】

雇用統計前はドル売り、そのあとはドル買いとある意味セオリー通りの動きに終始したといえる。ただし98円Lowまで戻したことを考えるとドル買い需要は意外と強いと見える。また、上値は高値を更新したら買いだが、このまま下げずに上げた場合の100円台は少し高すぎると思う。日足でのスピード調整が入る可能性が高いと見ての押し目買いで挑みたい。できれば先週安値を切った95円台での反発を拾いたいところだ。

【ユーロドル/EURUSD】

日足ベースではトレンドレスになっており、引き続き手を出しにくい。特にじりじり安値を更新しており、下値の1.2330をブレイクするとかなり大きな動きになりそうだ。ファンダメンタルズ的には欧米ではどちらも悪いため、1.2330を守っての三角持合との見方をしているが、修正が必要なのかもしれない。来週は上値を抑えられる展開と見ての戻り売りに徹するしかなさそうだ。上値目処は1.28でここらにS/Lをおいておきたい。

【ユーロ円/EURJPY】

こちらは下値は切り下げていないものの引き続き上値が重い展開が続いている。とりあえず120円をキープできている間はユーロブル方向優勢と見ているが、切れると一気に反転する可能性が高い。やるならS/Lを120円下において引き付けて勝負し、抜けたらドテンする勇気が必要だろう。もしくは120円割れで売りを仕掛けての勝負で挑みたい。



« 失業率の悪化もショートカバー優勢。 | トップページ | ドル円は日足の売りと時間足の買いで交錯中。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 失業率の悪化もショートカバー優勢。 | トップページ | ドル円は日足の売りと時間足の買いで交錯中。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ