2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 来週仕切りなおしですね。 | トップページ | ユーロドル下値模索が継続中。 »

2009年2月 1日 (日)

慢心を戒めて、初心にもどろう。

先週はユーロドルの一方的な下げに完全にはまりました。普通なら即切りするポイントも、戻すだろうと安易考えて放置してしまったために完全に動けなくなっちゃいました。慢心しすぎですね。月曜日からは初心にかえって、一からやり直しです。



【ドル円/USDJPY】

87円をサポートに下値持合の形を継続中。91円が非常に重いため、早々に抜けないと反落リスクが高まると思われる。日足ベースでの短期線は水平移動しており、方向感が見えない。日足ベースでの一目均衡表の雲下限が上値を抑えに掛かっているので、もしこれがレジスタンスになるようなら来週以降90円Midから91円Midに上値を限定される可能性が高い。87円を切れるまでは88円Low以下で押し目を拾い、上値の89円High~90円Lowで一旦利食いするのが基本姿勢になるだろう。逆に87円を切れると逆さ落としになる可能性が高いので、すばやく見切る必要がある。注意しておきたい。

【ユーロドル/EURUSD】

注目点は12/18の1.4717を高値とするレジスタンスラインの位置する1.33Lowと10/27の1.2330を安値とするサポートラインの1.26Midのどちらを越えられるか?に尽きると思う。1.33Lowを上抜けるなら1.26-1.47(?)のレンジであることを確認することになり、1.26Midを下抜けるなら最終ラインの安値1.2330へ向かうことになる。ロシアルーブルRUBの下げ止まりを見ないことなどファンダメンタルズ的には下バイアスが掛かりやすいとみることができるが、チャート上は持ち合いになりそうな形になっている。ただし時間足ベースでは下げ止まっておらず、後述のユーロ円を含めもう一押しは覚悟しての対応になる。

【ユーロ円/EURJPY】

下辺112円をサポートとする直角三角形を形成しており、上値を徐々に切り下げてきている。レジスタンスが現在121円Lowにありかなり重い、またこの直角三角形は壁となる方向に抜ける確率が高い。今回で云うなら112円の円高方向に抜けるとみるべきなのが、さらに厳しい先行きを暗示している。チャートはおおむね売られ過ぎを示しているため、日柄調整か価格調整が入ると思うが過度の期待は禁物だろう。もう一押しし112円が守られるようなら、112円下にS/Lをおいての勝負もありだろうから、ロングはそこまで待つしかない。



来週はユーロドルがどこで下げ止まるかが最重要ポイントかなと思います。切り下げてはいますが、レンジの下限を切っている訳ではないので、ココで突っ込んで売りには少しためらいますね。ただし抜けたらアウトで再度安値を大幅に更新すると思います。ただし材料難ですし雇用統計がありますので、週末に向けて徐々に動けなくなるものと思いますが・・・。

« 来週仕切りなおしですね。 | トップページ | ユーロドル下値模索が継続中。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来週仕切りなおしですね。 | トップページ | ユーロドル下値模索が継続中。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ