2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« リチャード・クー氏の格付機関への皮肉 | トップページ | リスク回避の動きからファンドのレパトリかな? »

2009年2月16日 (月)

ユーロ円ギャップダウン、ドル円は動けず・・・。

ドル円は91.50-80程度の狭いレンジに終始しており、大きな動きにはつながっていません。時間足ベースでは弱いサポートを今朝の時点で下抜けしており、それがレジスタンスになっています。時間足での次のサポートは91.50まで上がっており、更に91.00にサポートがあります。一旦は91.00程度まで調整を行うのではないか?と思います。

ユーロドルは1.2860から1.2800までギャップダウンしてスタートしています。早々にこうギャップを埋めないとだんだんと上値が重くなるのですが、今晩はNY株式が空けないこともあり上げるには材料難になりそう。こちらは様子見するしかないでしょうね。

ユーロ円も同じくギャップダウンしていますので、積極的に買う材料に欠けます。とはいいつつもドル円が上昇基調ならそれほど下げないのかな?とも思い、うかつには動けませんね。

とにもかくにもユーロ関連はギャップを埋めるかどうか?埋めたとしたらそれからの動きに注意して起きたいです。ギャップを埋めただけで終わる場合もあるので買いは慎重にいきたいです。

91.00で買ったドル円は91.70で一旦利食いしました。残りはホールドして、下げたところを買いなおしたいと思います。



ポジションは

(1)USDJPY BUY 90.20 (S/L90.60)

« リチャード・クー氏の格付機関への皮肉 | トップページ | リスク回避の動きからファンドのレパトリかな? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リチャード・クー氏の格付機関への皮肉 | トップページ | リスク回避の動きからファンドのレパトリかな? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ