2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロドル続落もドル円は伸びず・・・。 | トップページ | 雇用統計悪化も、意外と動かない相場? »

2009年2月 6日 (金)

雇用統計前後の動きを予想すると!

ドル円は92円まで上昇も91円割れまで戻しており、軟調に推移しています。上がるのは想定内だったのですが、昨晩の内に下げたことのは読み間違いですね。ユーロ円のショートはS/Lに引っかかりました。これはまあ仕方ないと思ってあきらめます。

さてこの後雇用統計が発表されますが、ドル円の動きは以下の3パターンになると予想しています。

シナリオA)発表直後90.40前後まで急落、ただしその後反転し行って来いor上抜け

シナリオB)発表直後に上昇、昨晩の高値92.40前後まで上昇するor上抜け

シナリオC)発表直後90.40をぶった切り、その後さらに続落89.90まで下げる

確率的にA>B>Cとなるとみています。雇用統計がよければBの可能性が可能性が高いでしょうが、雇用統計が良いこと自体の確率が低いので無理でしょうね。オペレーションとしては90.40前後のサポートが守られるか?が一番のポイントで、ここがサポートされるようなら来週以降もベアトレンドが継続されます。割れると再びレンジになるでしょう。

ユーロドルは同様に1.2860のレジスタンスをブレイクできるか?が注目点になります。ブレイクするならトレンド反転ですね。逆に下に行って1.27を割れるようだと、来週以降にもう一段下げるパターンになりそうです。

さて今回の雇用統計はオバマ大統領最初の試練になりますか?見ものです。





ポジションは

(1)EURUSD SELL 1.2860 (S/L1.2900)

« ユーロドル続落もドル円は伸びず・・・。 | トップページ | 雇用統計悪化も、意外と動かない相場? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーロドル続落もドル円は伸びず・・・。 | トップページ | 雇用統計悪化も、意外と動かない相場? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ