2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 時間足でもドル買いへ。 | トップページ | ユーロ円続落で、再び下値模索が続く・・・。 »

2009年2月10日 (火)

ユーロ円120円ブレイクが命運を握る。

昨晩は結局ユーロ円が120円をブレイクすることなく失速、ユーロドル、ドル円も引き連れての釣れ安になりました。朝方ユーロドルを買ってみたのですが、あえなく損切りになりました。日曜日に述べたようにユーロ円の120円ブレイクが必須条件のようですね。ユーロドルも1.3000を越えた割りにあっさり下げてしまい、あまり主体性がないように見えます。ドル円、ユーロドルを単独に注目するよりユーロ円の動きをチェックしながらの仕掛けが必要のようです。

さてドル円はなんとか91円を保っており、90.80以下にS/Lがあると思います。ユーロ円が時間足で再度反転の動きを見せていることからも、118円を維持できるようなら、ドル円も再び上昇を試すことになると思います。現在ロングをもっているなら一応90.70で一旦損切りする必要がありますが、もしスクエアならユーロ円が堅調さを維持することを前提に91円割れでエントリーもかんがえるべきですね。一方のユーロドルは逆にユーロ円が120円手前まで上昇し、上抜けないようなら売り参入。抜けたらドテンする戦法でいきます。押し目を狙うなら、ユーロ円が下げたあと再反転するのを待ってから、その位置でのユーロドル買いがベターかな?

どちらにしてもユーロ円の動きを見て、同方向にうごくようなら参入するというパターンで行きたいと思います。

« 時間足でもドル買いへ。 | トップページ | ユーロ円続落で、再び下値模索が続く・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時間足でもドル買いへ。 | トップページ | ユーロ円続落で、再び下値模索が続く・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ