2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« FOMCで最後の利下げへ。 | トップページ | とりあえず天底をつけそうかな!? »

2008年12月17日 (水)

FOMC0.25%へ、スワップ逆転!?

米国金利が過去最低の0.25%へ移行したことで、スイスに続き日本より低金利になりました。実際のスワップ金利はLIBORの調達コストなどもありますので、一概に言えませんが理屈上は売り持ちにスワップが付くことになり、今までと逆転することになります。少なくとも買い持ち組もスワップがマイナスになりますので、スワップ狙いでドル円をもつことができなくなりました。ここからは純粋に経済状況により、通貨レートが決定されるようになります。また、今までのダウ上昇=ドル高の連動がなくなると思われます。今後、特に2009年は今年と違った意味でのドル安になると思われますので、今までのセオリーは通用しなくなると思いますので注意したいですね。さて、利下げは売り材料ですが雇用統計時と同じく安値から反発し、高値を付けてから、また下がるのではないか?と思いますので突っ込んで売るのは控えます。上がったところを戻り売りです。

« FOMCで最後の利下げへ。 | トップページ | とりあえず天底をつけそうかな!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FOMCで最後の利下げへ。 | トップページ | とりあえず天底をつけそうかな!? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ