2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ことごとく逆方向だが、ココから再度仕掛けたい。 | トップページ | 来週のドル円を相場のセオリーをチャートで見ると・・・。 »

2008年11月22日 (土)

今週は戦略ミスが判明、来週は修正を掛けての勝負。

今週は久しぶりに大きな損切りをしました。これは戦術ミスでしかないのですが、94円Midを下方向に抜けたことで重大な戦略ミスが判明したので、来週はこの修正を行い勝負を掛けたいと思います。その重大な戦略ミスとはトレンド方向性を見誤ったことです。8/15につけた110.65からの下落は91円を割り込んだことで一旦下げ相場は終了したと判断していましたが、これは早計だったようです。逆にそこから101円手間でまで戻したことがダマシだったようで、「未だ下落トレンドの途中である」と修正せざるを得ません。今後はこの判断に基づいた戦術を取りたいと思います。

【ドル円/USDJPY】

今週は94円Midを下抜けたことで未だベアトレンドであることが証明された格好になった。結局100円の上昇がダマシであったということで、あそこで切らされたことは痛恨のミスだったことになる。形としては91円割れを下辺とする直角三角形での下げパターンであると思われ、そうなると90円が割れる方向と見るのがセオリー。90円割れは相場が加速するので追従せざるを得ない形になる。一方上辺は徐々に切り下げてきており、このレジスタンスライン(上辺)をバックに戻り売りするのが来週の基本戦術になる。逆にこのラインを上抜けると直角三角形の下げパターンが崩壊することになるので、レンジに移行することになる。現在このレジスタンスは97円Midにあり、今の96円手前から上がったとしてココの攻防が来週のメインになると思われる。97円台で戻り売りと行きたい。

【ユーロドル/EURUSD】

こちらも同様に日足ベースで見てみると1.2330を下辺とする直角三角形となっている。上値を徐々に切り下げており、まずは1.27Low~Midに掛けてのレジスタンス帯を抜けるかどうか?キーポイントになる。S/Lを1.28程度において1.27で戻り売りして様子見が基本戦術で、1.23を明確に下抜けするなら追従する。1.28を上抜けたらドテンでひっくり返していくのが良いと思う。

【ユーロ円/EURJPY】

上同様に113.58を下限とし、上値を切り下げる直角三角形パターン。レジスタンス帯が123円Lowになるのでココを上抜けるようならドテン買い。



3通貨ペアとも上値を切り下げていくパターンなので、戻る売りが基本戦術になる。基本このパターンは直角三角形の直角になる辺(今回なら下辺)を抜けるのがセオリーなため、それが切れれば追従する戦術になる。ただし、下辺を抜けたら追従する勇気と、上辺を上抜けたらドテンする勇気が必要。また抜けるとS/Lが大量にでるので一気にレートが進む可能性も高い。フットワークの軽さと思い切りが肝要だ。今年は年末まで荒れる相場が続きそうな予感です。

« ことごとく逆方向だが、ココから再度仕掛けたい。 | トップページ | 来週のドル円を相場のセオリーをチャートで見ると・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ことごとく逆方向だが、ココから再度仕掛けたい。 | トップページ | 来週のドル円を相場のセオリーをチャートで見ると・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ