2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 米国経済指標悪化、実体経済へ波及へ。 | トップページ | 悪材料をどこまで織り込んでいくのか? »

2008年10月17日 (金)

恐怖心理指数が上げ止まらず、センチメントは未だ改善せず。

ドル円は安値98円と高値103円で三角持合になったようですね。時間足でもMACDが再反転したりとふらふらとしています。この後のダウがどうなるか?まったく読めませんが、よほど下がらないかぎり、この持合のレンジ100.00-101.50程度で終わるのでは?と思います。日足ベースではレジスタンスが103円Lowまで下がってきていることもあり、今の三角持合を上抜けたとしても103円がまずは重しになりそうですし、またタイトルにもありますように恐怖心理指数は依然70オーバーとセンチメントはMKTが依然恐怖に凍り付いていることを示していることからも、来週も今週と同じく乱高下が続きそうな気配です。来週も油断できそうにありませんね。今週くらいはゆっくり週末を過ごしたいのですが、どうなりますか?ダウさんお願いしますよ。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L105.20)

(2)USDJPY SELL 108.77 (S/L105.20)

(3)USDJPY SELL 107.80 (S/L105.20)

(4)USDJPY SELL 107.00 (S/L105.20)

(5)USDJPY SELL 106.40 (S/L105.20)

(6)USDJPY SELL 104.70 (S/L105.20)

(7)USDJPY SELL 103.80 (S/L103.60)

(8)USDJPY SELL 100.40 (S/L103.20)


ちなみに(8)はもし100.00まで下がれば切りますし、下がらなければオーバーウィークするつもりです。

« 米国経済指標悪化、実体経済へ波及へ。 | トップページ | 悪材料をどこまで織り込んでいくのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国経済指標悪化、実体経済へ波及へ。 | トップページ | 悪材料をどこまで織り込んでいくのか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ