2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 行き過ぎた悲観は楽観に変わることを忘れずに。 | トップページ | やっと反転。G7の結果待ちになりそうです。 »

2008年10月10日 (金)

サーキットブレーカW発動!でも荒れた相場ほどチャンスがある。

結局東京株式市場は大引けまで大きな反発ができずに終了しています。昼間にアップしたように日経先物と国債先物が下げすぎによりサーキットブレーカーが発動しました。この動きを見るまでもなく今はどの金融機関も手元キャッシュを取るためになりふりかまわず投げている状態で、安い・高いは二の次になってます。ただ株などでもストップ安になっていない、つまり待ってましたとばかりに買っている連中もいますね。市場のセンチメントはひどいですので、これ以上は悪化するのか?と云う気がしますので、逆にあとは反転するしかないのでは?と思います。ただし、反転の材料がないのでいつになるのか?わかりません。今がチャンス到来なのだと思うんだけど・・・。



とはいいつつFXはまだ悲観の極致に至ってないですね。ドル円が80円を割るどころか、95円も割ってませんので、クライマックスはまだ先になると思っています。現状のファンダメンタルズが継続するなら早ければ年度内、もしくは1年以内に80円を割り込む可能性があるのでは?と想像していますが、どうなりますか?予想の詳細は週末に述べさせてもらうとして、話を目先に戻しましょう。



ドル円は98円を割り込んでから99円High間で戻し、概ね98.50-99.50のレンジを形成しています。少し長い時間で見てみると103⇒99⇒101⇒98と切り下げながらのじり安パターンで、特に下値を切り下げているのは嫌らしいです。未だ下げ止まっていないと見ていますので、再度98円を割らないのか?確認してからの対応になります。まずは98or101円のブレイクが注目で、今もっているポジションの損切り・利食いを優先させます。週末でのありますし、98円割れ・101円乗せでのツッコんだエントリーは避けます。ただし、98円割れからの安値更新はありえますので、利食いはちょっとゆっくりめの対応です。

ユーロドルは同様に1.3450⇒1.3780⇒1.3500⇒1.3650となっており、ちょっと判断に苦しむところですね。こちらも1.38と1.35のブレイクが鍵ですが、ここから仕掛けるには今週は時間切れになりそうです。ただし、来週の動きは注意を払いたいですね。ユーロの下落修正が入ってもおかしくない状況下ではありますし、どっちの方向に動くにしろ大きくは動きそうですのでチャンスかもしれません。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L105.20)

(2)USDJPY SELL 108.77 (S/L105.20)

(3)USDJPY SELL 107.80 (S/L105.20)

(4)USDJPY SELL 107.00 (S/L105.20)

(5)USDJPY SELL 106.40 (S/L105.20)

(6)USDJPY SELL 104.70 (S/L103.20)

(7)USDJPY SELL 103.80 (S/L103.20)

(8)USDJPY SELL 101.00 (S/L100.20)

(9)USDJPY SELL  99.80 (S/L 99.70)

« 行き過ぎた悲観は楽観に変わることを忘れずに。 | トップページ | やっと反転。G7の結果待ちになりそうです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行き過ぎた悲観は楽観に変わることを忘れずに。 | トップページ | やっと反転。G7の結果待ちになりそうです。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ