2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 多数の想定した方向に動かないのが相場です。 | トップページ | 95年円高時の類似点と今後の見通し »

2008年10月12日 (日)

買い材料はないですが、売り材料も尽き気味です。

さてお待たせテクニカル編です。とはいえ半分以上昨日言ってしまったので、簡単にいきたいと思います。

【ドル円/USDJPY】

先ずは時間足の高値101円Highを付けられるか?が問題で、越えたら7/16高値、9/16,30安値の103円Midが目標。最終ラインの105.20を超えたら買い転換だが、あまりに遠いので、今述べるのはナンセンスだろう。売り過ぎシグナル点灯中なので、多少戻す&時間調整とおもうが、下は95.77下の95.00しかすでにポイントはなく、ここを抜けるとチャート上は80円割れを覚悟する必要がある。弱いサポートとしては先週安値の97円くらいだが、あまり当てにはならない。

【ユーロドル/EURUSD】

9/11の安値1.3881を割り込んだことで再度下落パターン。ひとつの目処であった'04-12月の1.3660をも割り込んだので中長期的には'05-11の1.164を目指す形になりそうだ。ただし、こちらも(こちらの方がさらに)売られ過ぎなので、突っ込んで売るのは危険すぎる。一旦戻したところを狙いたい。

【ユーロ円/EURJPY】

キャリートレード巻き戻しに伴い、早くも予測していた130円間近まで下落している。ただし、現状のユーロドル、ドル円を見ていると130円で止まるとは思えず、125円程度までの下落は必至。ただし、オーバーシュートなのは確かなので、こちらも戻り売りに徹したい。

« 多数の想定した方向に動かないのが相場です。 | トップページ | 95年円高時の類似点と今後の見通し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多数の想定した方向に動かないのが相場です。 | トップページ | 95年円高時の類似点と今後の見通し »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ