2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 日曜日時点での見立て。 | トップページ | レジスタンスがひたひたと忍び寄る・・・。 »

2008年9月30日 (火)

雇用統計前に一波乱、でもまだ終わらない・・・。

やっとブログが直りました。ご迷惑をおかけしました。先ほど日曜日での見立てをアップしましたが、まさかこのあとダウが777ドルも下げるとは・・・・。「お釈迦様でもわかるまい」ってやつですね。勘弁してください。株式がボロボロですよ・・・。



さてこれからの予想ですが、日曜日の時点では雇用統計前に下アタックをし、抜けずに107円くらいまで戻すかな?と思ってたのですが、既に下抜けをしまったので、ここからはどこまで戻せるか?が鍵になります。時間足ベースでは105円Lowにサポートがあり、ここを維持できるなら日足でのレジスタンスにアタックすることになります。106円Highに日足のレジスタンスがありますので、そこ近辺が戻りの位置になるかな?したがって、まず105円を維持できるのか?をチェックし、できるなら106円Highに向けて105円Highから戻り売り。維持できないようなら105円Lowに指値を入れてショートを作る作戦です。第六感だけですが、維持できる気がしないのはわたしだけ?



一方、ユーロドルは1.39から1.49戻しのサポートを切ったので再びベアトレンドに移行。1.43-44の領域で売り掛けたいところです。一気に下抜けもないでしょうから、戻り売りのチャンスを待ちたいですね。ユーロもドルも弱いですので1.39近辺でサポートされるなら1.39-1.49でのレンジになりますので、そこでドテンしてみるのも面白そうです。とりあえずは無理をしないように戻り売りでエントリーし、下値を切り下げていくところを再び戻り売りを繰り返すのが無難そうです。



ここまでMKTが壊れると協調利下げくらいしか手がないのですが、それも現状は難しい。金融安定化策も手足を縛られたままで役立たずですし、米国の緊急利下げもどこまで効果があるのか?疑問です。となるとやっぱりドル安にしかならないので、ドルを売るしかありません。ただし、みんなショートポジションを持ってますので、一瞬の踏み上げにだけは注意しつつ勝負に出たいですね。



ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L108.20)

(2)USDJPY SELL 108.77 (S/L108.20)

(3)USDJPY SELL 107.80 (S/L108.20)

(4)USDJPY SELL 107.00 (S/L108.20)

(5)USDJPY SELL 104.70 (S/L107.20)

(6)USDJPY SELL 103.80 (S/L107.20)

« 日曜日時点での見立て。 | トップページ | レジスタンスがひたひたと忍び寄る・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜日時点での見立て。 | トップページ | レジスタンスがひたひたと忍び寄る・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ