2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【初心者歓迎】脱・初心者の道/第三回テクニカル1【ステップアップ】 | トップページ | 買い手不在のドル安スタート! »

2008年9月21日 (日)

リーマンに始まり、空売り禁止に終わる、でも根本的には変わってない。

今週一週間はリーマンの破綻に始まり、再びMKTから流動性が無くなるという危機からのスタートでした。週末の空売り規制、不良債権のFRB買取などで金曜日は株高へとMKTのセンチメントの急変にはついていけませんね。ただし、空売り規制は所詮売りの買戻しを誘発しただけです。買戻しが終わったからといっても、誰が買うんでしょうかね?ましてや、売り禁で誰も買戻しできない市場で、買い方が投げたら・・・・。shock不良債権の買取で75兆円も突っこむのはパニックを抑えるという点では良いとしても、企業の痛んだB/Sが回復する訳ではなく、リーマンショックが和らぐ訳でもありません。そして双子の赤字の拡大という副作用があります。さてはて長期的にはどちらが正解だったのか?後々わかってくるでしょう。

【ドル円】

週初めに想定したレンジ103~106円から上ブレし、104~108円に移ったと思われる。ただし、ダウンサイドリスクの方が高く、依然上値で叩かれる展開が続きそうだ。大きく見て103-109円のレンジをブレイクした場合のみ急騰、急落しそう。その場合、下は95or101円で、上は110or112円といったところで止まるかどうか?に注目される。オペレーションとして注意する点は下値付近での急激なショートカバーだろう。ポジションがかなり積み上がっているようで、いつもより買い戻しのスピードが速い。103円を割るまではしっかり下での利食いを行っていきたい。

【ユーロドル】

ユーロドルは安値から一点買い戻し先行で一時1.45まで戻している。こちらもアップダウンが激しいのだが、1.41がサポートとなっており、1.40を割り込むまでは買い戻しが続きそうだ。その場合のポイントは2箇所あり、1.45-1.46と1.51-1.52に注目していきたい。現状ユーロドル買いに付いていく気にはならないが、ショートカバーで1.51近辺まで一時的に戻る可能性があることも忘れずにショートポジション構築をしたい状況だ。リーマンショックは欧州でもかなり効いたらしく、ヘッジファンド破産や連鎖倒産の話がちらほら聞こえてきているため事態の急変には備えておきたい。



いろいろ週末に緊急対策を出してきているので、その状況とMKTへの影響を週明けには注視しておきたい。中長期的にはドル売りリスクが軽減したわけではないものの、需給のバランスが崩れていることから暴騰暴落の可能性は否定できない。

現状をわかりやすく云うと「交通事故で内臓破裂を起こしている患者に大量の輸血を行いつつ、外傷を縫合したところ」という感じだろう。未だ内臓からの出血は収まっているわけでない。即死しなかったから希望はあるが、未だ重症であることには変わりない。枕を高くして眠れる日はまだ遠そうだ。

« 【初心者歓迎】脱・初心者の道/第三回テクニカル1【ステップアップ】 | トップページ | 買い手不在のドル安スタート! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【初心者歓迎】脱・初心者の道/第三回テクニカル1【ステップアップ】 | トップページ | 買い手不在のドル安スタート! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ