2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 催促相場だが、利下げはあるのか? | トップページ | 狼は眠らない、もとい眠れない。 »

2008年9月17日 (水)

ドル円の買い材料はどこにある?

FOMCはやはり動けず、FRBに打つ手なしの状況です。リーマンを見殺しにしようが、AIGを救済しようが対処療法に過ぎず根本対策になるものではありません。もちろん金融のシステマテックリスクの回避には役立ちますが、景気が悪くなることはあっても良くなることはありません。流動性を確保するために買いオペをいくらしても、潤滑油では壊れたエンジンを回すことはできないのです。本日のダウがどうなるかわかりませんが、仮に上がったとしても明日以降再度下げ基調になると推測しています。ドル円もそのことを示すかのごとく、107円手前まで戻すも、106円さえ維持できず再びの105円台です。現在、時間足では105円ジャストにサポート、106円にレジスタンスが存在し、抜けたほうに動くことになります。ただし、今朝106円Highまで攻めたもの第一サポートを割り込んでいますので、107円も弱いレジスタンスになってますので、106円を抜けても上値は限定的かと思います。逆に下値は105円のサポートを割り込むと、103円Midまでチャートポイントはありません。日足での売られ過ぎシグナルが出掛かってますので、103円を大きく割り込むことは無いと思います。そういった意味では103~104円で一旦買い戻し、上がったら戻り売りという戦術を繰り返すしかないですね。

ユーロドルは1.41割れにサポートができたようで、そこで跳ね返しています。ただし、若干上値を切り下げていますので引き続き予断は許しません。 1.40を割り込むようだと、一旦打診売りしてみるのが良いですね。下げるようなら売り増し、戻すようなら一旦切って再度上で売るのが良いと思います。ユーロドルはそんなに無理する局面でもなさそうなので、もう一段のアクションが出てからでも遅くはないと思いますが・・・。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L110.20)

(2)USDJPY SELL 108.77 (S/L109.20)

(3)USDJPY SELL 105.00

(S/L108.20,T/P103.40-60)

(3)USDJPY SELL 106.40 (S/L108.20)

« 催促相場だが、利下げはあるのか? | トップページ | 狼は眠らない、もとい眠れない。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 催促相場だが、利下げはあるのか? | トップページ | 狼は眠らない、もとい眠れない。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ