2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 希望的観測に基づく行動は失敗する。 | トップページ | ドル円の買い材料はどこにある? »

2008年9月16日 (火)

催促相場だが、利下げはあるのか?

105円を割り込んだドル円は結局103.60まで下落しています。正直パニックもそろそろ収まるとはおもうので短期的には利食いだとは思うのですが、リーマンに続きAIGまで資金繰りが付かなくなっている状態をみるともう一段下がるのかな?と思ってしまいますね。それもこれも今晩のFOMCでの利下げの有無に掛かっていると思うのですが、市場はすでに織り込み済みで利下げを要求しています。石油も急落しており利下げの条件は整っているとは思うのですが、いかんせんリーマンを見殺しにしたFRBがわざわざ利下げするのか?疑問符が付きますね。まあ、あと数時間で結果がでることですので、それまで待てばよいことです。一旦ショートカバーが出たところで買いが続く状況ではないと判断しています。今のところ月曜日のシナリオ(C)103~106円のレンジを想定していますが、状況により多少レンジが前後するかもしれません。その場合は適宜対応することになります。

またユーロドルは1.41-43のレンジに収まっていますので、しばらく様子見し上抜けたら1.45-46で売り掛けを、下抜けたらもう少し動きを確認してから参入したいと思います。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L110.20)

(2)USDJPY SELL 108.77 (S/L109.20)

(3)USDJPY SELL 105.00 (S/L107.20)

« 希望的観測に基づく行動は失敗する。 | トップページ | ドル円の買い材料はどこにある? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 希望的観測に基づく行動は失敗する。 | トップページ | ドル円の買い材料はどこにある? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ