2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 南オセチア独立承認=石油高=ユーロ高? | トップページ | 三角持合継続も、手掛かり難で動けず。 »

2008年8月27日 (水)

ユーロドル乱高下!次のアクションは上値を確認してから。

ユーロドルがショートカバー+タカ派発言で1.47Highまで戻しました。昨晩の石油の戻しはグルジア紛争がネタ元ではなく、カリブ海のタイフーンのせいだったようです。誤報ですね、申し訳ないです。テクニカルではユーロドルが1.46割れから1.47Highまで戻したことで一応2段底をつけた形になりました。前回高値の1.49を越え1.5000をつけるともう一段の戻しがありえますが、現状では厳しそうですね。基本的には1.46-49をメインとするレンジと見たほうがよさそうです。ドル円も同じく108-110円でのレンジと割り切って勝負かな?ただ、ドル円だと3円幅でのレンジが多いので、107-110円or108-111円といったように多少動くかもしれませんが・・・。ベアにしろ、ブルにしろ材料に欠けているようですので、しばらくはユーロドル、ドル円ともに時間調整といった雰囲気になるのではないかと思います。

ただし、ユーロの悪材料には注意です。経済的にもそうですが、グルジア紛争は実は第2次大戦前の冬戦争と同じ状況にあります。バルト3国や、フィンランド、スウェーデンなどロシアに接している国は非常に危機感をもっていますが、それに対し他のユーロ圏の国々がロシアに向かって一致団結できるのか?が重要になります。冬戦争の時のように何も出来ない欧州なのか?試金石になりそうで、もしできなければユーロという通貨の信任が揺らぐことにもなりかねないので、気をつけてたいところですね。今すぐドンパチするわけではないでしょうから短期的には無視してもよいと思いますが、長期的には重要なファクターになると思います。

といっている間に耐久財受注の良い結果にドルが買い戻されてます。どこまで買戻しが進むのか様子を見ながら、再び売り場探しと行きましょう。



ポジション

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L111.20)

(2)USDJPY SELL 109.40 (S/L111.20)

(3)EURUSD BUY  1.4630 (S/L 1.4560)


« 南オセチア独立承認=石油高=ユーロ高? | トップページ | 三角持合継続も、手掛かり難で動けず。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南オセチア独立承認=石油高=ユーロ高? | トップページ | 三角持合継続も、手掛かり難で動けず。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ