2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« レンジ上限を確認中 | トップページ | 【書評】日本経済を襲う二つの波 »

2008年8月16日 (土)

ユーロドルとクロス円の実力が試される1週間になる。

ドル円は108円Lowまで下落も110円まで戻して、クロス円は連れて戻りました。クロス円は概ねいい所まで戻りましたので、ここから売り圧力が強くなると思います。ただし、ドル円は高値を更新していますので、ドル円の買い圧力が強ければもう一段の戻しはありえますので、フットワーク軽く対処したいところです。一方、ユーロドルは1.55のサポートが切れてから下げ止まりませんね。1.5割れで一旦戻すかとも考えたのですが、薄いMKTであることも手伝って、するりと抜けてしまいました。下げ止まり感が無く、だいぶ痛んでしまいましたので修復には時間が掛かると思います。次のサポートが近づいているので、そこで止まるのか?がまずは注目だと思います。



【USDJPY】

108円まで下落も110円まで切り返し堅調。ただし、ファンダメンタルズ的にはここから上値を追えるのか?疑問も残る。また、クロス円が崩れだしており、ユーロドルのドル買いとクロス円のドル売りでの綱引きになると思われる。双方の動きに注意しつつ、対応したい。また、日足のサポートが108円Lowまで上がっていていることから、上値が抑えられるようなら107-110円でのレンジになる可能性が高いと思われる。



【EURUSD】

1.55のサポートおよび1.5280の安値を切ったことで、MKT全体が傷ついてしまっている。来週も引き続き売り圧力が強いと思われるが、流動性が低い中での急落でもあり、真空地帯が大きいので急激な巻き戻しも想定しておくべき。アップダウンの激しい1週間になりそうだ。具体的にはまず日足では1.6038-1.5280の倍返しの1.4522、週足では1.4400がサポートになる。特に週足の1.4400は大きなサポートになると思われるので、ここでの値動きに注目したい。



MKTが薄いこともあり、ユーロドルの下げがきついですね。来週からはMKTも厚みを増すと思いますので、そこでどういう動きになるか注視したいところです。グルジアの件はなんとか収まりそうですので、石油価格が落ち着けばユーロの下落が止まることも期待できるとは思いますが、戻り売り圧力も強いので相場に振り回されないようにしたいとことです。

« レンジ上限を確認中 | トップページ | 【書評】日本経済を襲う二つの波 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レンジ上限を確認中 | トップページ | 【書評】日本経済を襲う二つの波 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ