2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« オーバーシュートがどこまでいくか? | トップページ | ダウの下げは重大な転換日を示すかも? »

2008年8月19日 (火)

ドル円はどこまで下げるかが勝負。

ドル円が売りモードに移行しましたので、戻り売りを仕掛けたいと思います。S/Lは新値の111.20において、109.85での指値。ただし、相場観としては短期的なレンジを想定してますので、落ちても107.40-80程度だと思います。できればそこで買い戻しし、再度の戻り売りのタイミングを待ちたいところです。ありえないと思いますが107円前半を切ると急落する可能性がありますので、注意。一方、ユーロドルは1.4630まで下落もさらなる下落はせず、じりじり戻しています。ただし、1.47での戻り売りに抑えられています。どちらに抜けるかが勝負ですが、日足で売られすぎサインがでてますので、下値は限定的と思います。逆に短期的に1.4730を越えると踏む上げる可能性がありますので、売り方はどちらにしろ買い戻しの準備をしたほうが良さそうです。1.4630or1.4730での買いを仕掛けたいと思います。ユーロドルはこの後の指標発表を見てから成り行きで勝負したいと思います。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 110.20 (S/L111.20)

オーダーは

(2)USDJPY SELL 109.85 (S/L111.20)

(3)EURUSD BUY 1.4630 (S/L1.4560)

(4)EURUSD BUY 1.4730 (S/L1.4600)

« オーバーシュートがどこまでいくか? | トップページ | ダウの下げは重大な転換日を示すかも? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーバーシュートがどこまでいくか? | トップページ | ダウの下げは重大な転換日を示すかも? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ