2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« クロス円の行方と双子の赤字 | トップページ | 動きづらい展開。 »

2008年7月27日 (日)

雇用統計前の乱高下に注意したい。

昨年の8/15前後が相場の大きな転換点になりました。いわゆる「ヘッジファンドの45日ルール」がその引き金であったと云われています。そろそろ1周年でもあり、そこらも含め来週以降の相場についてテクニカルを検証していきたいと思います。

【ドル円】

上値は先日高値の108.76がひとつの目処で、あとは現在止められている108円ジャストですね。ただし、注意点としては108円は目先止められているだけで、チャートポイントではありません。あくまで心理的および需給で止まっているだけです。下は先日安値の103.75と5/22につけた102.70です。こちらも抜けることは難しいと現時点では判断しています。したがって103-108円でのレンジ、もしくは三角持合になるのではないかと推測しています。

来週の戦術としては現在の108円前後での打診売りを行い、108円をしっかり上抜けするようなら一旦買い戻し、金曜安値の107.60を下抜けするようなら様子見し、106.80を抜けたら売り増ししていきたいと思います。注意するのは目先108円を抜けるとごく短期的に需給のバランスが崩れて、新値なりを取るかもしれませんがフェイクになりやすいのですぐにロングを取るのは避けなければいけません。もし買いで付いていくなら、押し目を待ったほうが良いと思います。逆に108円手前で止まったままなら、雇用統計を控えて買い方の売りぬけが多くなります。105.80をつけるとS/Lがついてしまうので、107.60割れや107.20割れなどでは完全に止まるまでは手を出さないほうが賢明です。

【ユーロドル】

ユーロドルは1.55or1.56がひとつの目処でそこを維持できれば三度1.60アタックに移行するのではないか?と推測しています。本格的な売りは1.5280を下抜けした場合ですが、現時点では遠すぎますね。

来週の戦術としてはできれば1.56Lowで一旦拾いたいところです。そのままホールドして、1.55を割れたら諦めて切り、反発したら1.6まで様子見するようにしたいと思います。正直ユーロドルはもう一段押しても良い気はしますし、そろそろ反発してもよさそうなので判断が難しいいですね。ただし、来週末の雇用統計に向けての巻き戻しも想定し、そろそろ手を出さざるとえないとも思います。

【クロス円】

ユーロ円は史上最高値更新も170円にタッチできず、現時点では手を出したくないですね。170円には乗せるのかもしれませんが、そのあと達成感から急落がありえそうです。170円に乗せてから、考えたいと思います。あと昨日も述べましたがNZD円ですね。きれいな三角持合になっており、下抜けると急落しそうなので積極的に売りに廻りたいです。様子見しつつ売りのタイミングを計りたいと思います。



来週は雇用統計前を控えて、思惑での売り買いやポジション整理でそれなりに動くと思いますので注意しましょう。

« クロス円の行方と双子の赤字 | トップページ | 動きづらい展開。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロス円の行方と双子の赤字 | トップページ | 動きづらい展開。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ