2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【書評】はじめてのテクニカル分析 | トップページ | MKTは救済案に不満? »

2008年7月14日 (月)

救済案がMKTを救済するか?

米政府がファニーメイとフレディマックの救済案を出したことで、若干落ち着きを見せ始めてますが、果たして本当にMKTが下げ止まるかは今だ不透明と言わざるを得ませんね。特にドル円は107.80を明確に抜けないと、下落リスクが安らがないので売り場探しに徹した方が良さそうです。現状はドル円よりもユーロドルが急上昇しすぎてますので、この修正が入っている状態です。おそらく1.5830-60前後でユーロドルが止まりますので、そこからの動きを注視してドル円の売り掛け、ユーロドルの買いを検討していきたいと思います。

« 【書評】はじめてのテクニカル分析 | トップページ | MKTは救済案に不満? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書評】はじめてのテクニカル分析 | トップページ | MKTは救済案に不満? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ