2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« くりっく365&日経ヴェリタスシンポジウムAt大阪 | トップページ | 【書評】はじめてのテクニカル分析 »

2008年7月13日 (日)

ユーロドル1.6ドル越えだとドル安が波及しそう。

ファニーメイとフレディマックのおかげで再び信用収縮が起こりそうな雰囲気を出し始めたMKTですが、週明けの動向が今後一ヶ月引いては年後半の運命を決めるのかもしれませんね。油断できない一週間になりそうです。特に火水木曜日と大イベントがありますので、注意が必要です。誰かバーナンキちゃんに議会で余計なこと言わないように釘刺しておいてください。shockお願いしますよ。

さていつものようにテクニカルですが、

【EURUSD】

正直1.56-57で一旦拾いたかったのだがそのまま続伸。日足での切りあがってきたサポートである1.57ジャストと、1.6ドルがポイントで、週足でもサポートが1.54まで切りあがってきているため、まずは1.6ドル越えを目指すと見るのが妥当だと思う。とりあえず1.6030-60をブレイクできるか?がポイントで抜けると一気に1.65まで目指してもおかしくない。作戦としては1.6030-60の動向をみて追撃買いが良いと思う。ユーロロングを持っているなら、S/Lを1.57下においてホールドしつつ、1.60前後での値動きを注視して利食いするも良い。レンジなら下で拾い直せばよいし、1.6060を抜ければ再度追撃で買いなおしでも良いのでは?下方向は1.57、正確には1.5630を下抜けると再度レンジになるがそれでも1.54がサポートになりそう。ショートするより下で拾ったほうが効率が良いと思われるので、そこまできたら拾うことを考えたいところだ。

【USDJPY】

95円から5/22の102.70、6/9の104.47を結んだサポートラインが切れており、したがってレンジ、もしくは下落で対応したい。そうなると下値は前回安値の105.00がポイントでこれが守られた場合は105-108円でのレンジとなるだろう。逆を言えば104.70-80が切れると再度103円までの下落は想定せざるを得ない。ただし105円はすんなり割れてくれないだろうから、ダウの再下落、またはユーロドルの1.6越えなどなんらかのサプライズが必要だと思う。特にユーロドルが1.6を越えるとドル円もかなりのドル安バイアスがかかりそうなので、注意を払いたい。逆にS/Lは107.80で、可能性は低いがここを越えてしまうとショートは一旦撤退。



« くりっく365&日経ヴェリタスシンポジウムAt大阪 | トップページ | 【書評】はじめてのテクニカル分析 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くりっく365&日経ヴェリタスシンポジウムAt大阪 | トップページ | 【書評】はじめてのテクニカル分析 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ