2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 一発逆転のドル売り作戦 | トップページ | ユーロドル主導のドル売りにドル円が追従するか? »

2008年6月15日 (日)

どこまでオーバーシュートするか?をよく見て対応すべし!

週末のG8は予想通り大きなコメントは無し。一応「強いドルを希望する」等の口先介入がありますが、特に意味は無いですね。週明けはこれらの声明をうけ、失望売りになるのか?織り込み済みとなるのか?どういった反応をするのか?見てからの参入になると思います。ロンドン時間までは動意は薄いでしょうから、それ以降ですね。楽しみです。さて今週のまとめ&先週の動きですが・・・。

【ドル円】

週足のレジスタンスラインをあっさりブレイクし108円乗せ、日足の抵抗である200日MAで一応は止められています。ここからどこまでオーバーシュートするのか?がまずは注目点です。以前からコメントしてますが95年のハイパー円高時も200日MAを一旦越えたものの結局反落し、その後80円を切る円高に突入する契機になりました。また、200MAは長期トレンドを見る上でも重要で、強い抵抗線となることが多いです。一旦は200日MAは越えそうなので109円に乗せてからが本番です。どこまでオーバーシュートするのか注目ですね。逆に下値は105円ジャストまで。ココが切れると危険領域になる。

【ユーロドル】

1.58を越えたので上抜けかと思いましたが、結局ダマシでしたね。先週と一転1.53まで押されてますが、最終ラインの1.52Midを守っており未だレンジブレイクならず。週足のサポートラインが切りあがってきており、同じく1.52Lowまできているので、まずは1.52を割り込めるのか?が注目点で割り込めば調整が大きくなる可能性が高いです。ただし、割り込まなければよい押し目だったといってしまえそうなので、1.58を抜ける方向に強いバイアスが掛かりそうです。こちらも1.52以下が付いたら損切りしひっくり返すとして、1.53ジャスト前後で一旦拾いたいところです。

【ユーロ円】

先週言っていた166.60はクリアもユーロドルの下げもあり、イマイチ伸びずといった展開。やはり168円に乗せないとダメなのか?クロス円だけにわかりずらいですね。いましばらく手控えておきたいところです。



各指標がマチマチなのでいかんとも云いがたいですが、ポジティブなネタに反応しやすいようですので、センチメントはドルブルなのかもしれない。ただし、その根拠があいまいなので悪化するのも、早そうだ。ブルベアどちらにも手出ししずらい状況がつづきます。テクニカル的にはドルショートする状況ではまだなさそうだが、個人的な思惑を含めて逆張りでドル円ショートを一部仕込んでいる。逆張りはチキンレースになると思うので、精神的に負けないようにしていきたいですね。

« 一発逆転のドル売り作戦 | トップページ | ユーロドル主導のドル売りにドル円が追従するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一発逆転のドル売り作戦 | トップページ | ユーロドル主導のドル売りにドル円が追従するか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ