2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« バーナンキの後はトリシェ発言でユーロ暴騰 | トップページ | ドル安になる4つの理由。 »

2008年6月 6日 (金)

雇用統計後もまだまだ波乱含み!

雇用統計がマシだったのに、それを帳消しにする失業率にドル円は106.30から105.50まで急落。とりあえず売りかけたのですが、底値で売ってしまいました。ただし、戻りも106円に乗せられず再度下落しています。こういった指標発表の直後に急落した場合、パターンは三つあり①元のレートまで戻し、再度上昇、②元のレート戻したが揉みあいに終始し時間切れ、③元のレートまで戻せず再度急落となる場合です。今のところ元に戻す気配はありませんので、再度下落すると思います。とりあえずポジションをホールドして待ってみます。

ポジション

(1)USDJPY SELL 105.50(S/L 106.20)

« バーナンキの後はトリシェ発言でユーロ暴騰 | トップページ | ドル安になる4つの理由。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バーナンキの後はトリシェ発言でユーロ暴騰 | トップページ | ドル安になる4つの理由。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ