2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は上値重し、どこまで上がるか? | トップページ | 株と同時にドル円暴落説。数ヶ月以内にやってくる? »

2008年6月18日 (水)

証券3社無難な決算、でもダウは下げ基調。

リーマン、ゴールドマン、モルガンスタンレーと金融3社の決算が出揃いました。いずれも無難な決算であり、ベアスターンズに始まった金融危機は一先ず落ち着きを見せそうです。ただし、中小の金融機関は未だ危機の中にあり、油断はできません。また、セントラルバンカーはいずれも手足を縛られた状態で、インフレと戦わなければならず先週のようなタカ派発言がこれからも散発されるでしょうから、MKTが落ち着くのはまだまださきになりそうです。さてドル円・ユーロドル共に膠着感が強く、どちらに抜けるのか?よくわかりませんね?上げるにしろ、下げるにしろ、今のエントリー位置がイマイチなのもあって、一応ドル円のポジションをクローズしておこうと思います。その後で再度108円Midで売り戻し、かつ上・下で売り増ししたいと思います。売り直すポイントは108.30-40でできれば50がベスト、下は107.40が切れると売り追従です。上は108.80をつけると109円にアタックするでしょうから、できれば109.20より上で売り増していきたいところです。今の位置が200日MAなのはみんな注目しているでしょうから、下に抜けるとドカっと落ちそう。ただし、明日のNY以降でしょうからそれまでに持ち替えたいです。

ポジションは

(1)USDJPY SELL 108.10 (S/L 110.20)

オーダーは

(3)USDJPY SELL 107.40 (S/L 109.20)

(4)USDJPY SELL 109.20 (S/L 110.20)


です。

« ドル円は上値重し、どこまで上がるか? | トップページ | 株と同時にドル円暴落説。数ヶ月以内にやってくる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は上値重し、どこまで上がるか? | トップページ | 株と同時にドル円暴落説。数ヶ月以内にやってくる? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ