2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? | トップページ | 106.20で戻り売り。下値は105円ジャストか? »

2008年6月30日 (月)

ショートカバーも、ドル売り継続。

ドル円は105円を一時的に割り込み、その後いわゆるショートカバーで105.70近辺まで反発しています。ただし、チャート上は未だ売り継続で、106.20を明確に上抜けしないと時間足ベースでもドル買いになりません。日足では106.80です。上値は当面ここらがチャートポイントになるとお思います。下値のチャートポイントとしては先ほどの安値かつボリンジャーの-3σである104.97、および102.50になると思います。一気に102.50まで落ちるとは思いませんが、まだまだ下げ止まってはいませんので、注意はしておきましょう。特に今週は週末が独立記念日であることもあり、7/3に指標が集中しています。現在MKTが下落パターンに入っているため、これら指標によるる波乱は増幅されやすいことも頭に入れておきましょう。

(1)USDJPY SELL 108.05 (S/L 107.40)

(2)USDJPY SELL 107.40 (S/L 107.40)

(3)USDJPY SELL 106.80 (S/L 106.60)

(4)USDJPY SELL 105.40 (S/L 106.60)

(5)EURUSD BUY  1.5500 (S/L 1.5630)

(6)EURUSD BUY  1.5560 (S/L 1.5630)


« 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? | トップページ | 106.20で戻り売り。下値は105円ジャストか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? | トップページ | 106.20で戻り売り。下値は105円ジャストか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ