2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 利食い優先。そろそろ一段落か? | トップページ | とりあえずユーロ売り&ドル売りスタート! »

2008年6月 1日 (日)

1994-95年の円高再現へ、カウントダウン!?

ドル円は105円Midを、ユーロドルは1.55Midで週末を迎えました。ドル円は結局レンジを抜け切れないまま時間切れといった感じで、来週はまたレンジ内に戻るのか?それともレンジブレイクするのか?来週はさらにヒートアップしそうです。今日は月初めですので、いつもの如く長期の見通しを含めコメントしていきたいと思います。順番はいつもと逆でドル円を最後にし、94,95年との相似点を含めて述べてみますね。

【ユーロ円】

長期はユーロブル継続。中期は週足で見ると三角持合を続けており、持ち合い上値の165.40、下値の152.60のどちらかを抜けるか?が注目されている。クロス円の方向性を占いそうなので、直接取引してなくても動向には注意したい。ただし短期は乱高下モードが続くのかもしれない。



【ユーロドル】

長期・中期はユーロブル継続で1.41Midを割らない限りトレンドに変更無し。短期では逆H&Sを作って再上昇するのか?それとも下げパターンで調整するのか?微妙なところと言える。どちらにしても1.5280の安値を守るのか?切れるのか?がすべてになりそう。可能性は低いと思うが2月の安値から1.5280へラインを引くと1.55近辺にあたる。先週安値がサポートされると1.5450-1.5800のレンジ相場になる可能性もあるので、短期組はまず先週安値を守られるのか?がポイントで、抜けたら1.5280が次のターゲットになる。



【ドル円】

長期・中期はベルベア継続であるものの、週足のレジスタンスライン107-8円までの戻りは想定しておくべき。短期では102.50-106.00までのレンジ相場になる公算が高いものの、先週は若干高値更新しているのでもう一度高値を攻めてレンジが切り上がるかもしれない。とりあえず上抜けしたら追従し、早めの利食いが良さそう。



あと注意しないといけないのが、今後想定されるハイパー円高についてで、今の所は前回1994,95年の時とまったく同じパターンで進行しているということだ。シチュエーションが米国の金融危機が終わった後の利上げ局面であるということもだが、テクニカル的にも興味深いパターンが見られている。前回の円高時は200日移動平均線に日々線が押さえ込まれる形で、そのほかの移動平均線と共に揉みあった後95年の2月に急落が始まっている。現在200日線は108円Highに位置しており、これが各移動平均線の位置している103円近辺まで下がる3~4ヶ月後に急落が始まる可能性がある。もちろん前回と同じとは限らないが、今回の円安が最後の円安かもしれないことも頭の片隅にいれておく必要がありそうだ。興味のあるかたは、94年10~12月のチャートを現在と見比べてみてもらいたい。今の所怖いくらい似ているのに気づくはずだ。実はすでにハイパー円高へ向けてカウントダウンが始まっているのかもしれない・・・。



PS 恒例のジョインベスト証券のFXレート当てクイズは今回106.66で指してみました。一応、上抜けしてレンジが切り上がるのを想定してます。

« 利食い優先。そろそろ一段落か? | トップページ | とりあえずユーロ売り&ドル売りスタート! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 利食い優先。そろそろ一段落か? | トップページ | とりあえずユーロ売り&ドル売りスタート! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ