2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 引け値は天国と地獄の分かれ目?105or106円? | トップページ | 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? »

2008年6月29日 (日)

108円が今年の最後の高値である可能性も!?

6/16につけた高値108.76を境に108円に何度も乗せるも、そのたびに大量のドル売りに行く手をさえぎられたドル円はとうとう今週反落しました。ダウの下げが手伝ったとはいえ、200日MA攻略は難しかったようですね。今まで述べてきたように前回のハイパー円高時も結局200日MAが強い抵抗になりました。通常のトレンドでも200日MAは長期のサポート・レジスタンスラインになり易いですから、良い売り場を提供してくれました。この108.76が今回の円高トレンドでの最後の円安、つまり本年の最後の高値だった可能性もあります。ドルロングを持っている人はそれも想定して、週明けの対応をするようにしてください。



さて来週以降ですが、まずはECBの政策金利発表が注目点です。テクニカル的には・・・。

【ドル円】

当然ですが月曜のNY以降の動きがポイントになります。想定されるシナリオは以下のようになります。シナリオA)105.80をサポートし107.20まで戻す。106-108円でレンジを形成、シナリオB)105.80を一旦サポートするも107円に乗せられず、再度下落101、104円で下げ止まりレンジを形成する。どちらのシナリオになるにしても、もう一度105.80を狙いには行くと思いますので、そこでの動きと戻しが107円まで乗せられるか?が注目点です。それと早朝のウェリントンで短期筋の仕掛けがあった場合、105.80-106.20は短期でのサポートポイントであり、一瞬抜けても突っ込むと踏まされる可能性が高いので、売りはとりあえず避けた方が無難です。万に一つ、下げがあってもNY時間までは無視しましょう。



【ユーロドル】

まずは1.5860を抜けられるかが1stステップで、抜けたら買い増しで1.60アタック期待です。もし抑えられるなら、一旦利確し様子見。ドル円やダウ次第ですが積極的に行くなら1.5860にS/Lをおいて1.5760-1.5830の戻り売りを仕掛け、S/Lがついたらドテン勝負でしょうか?テクニカル的には一旦利確が正解なのだが、カンピュータは上抜けしそうと云っているので難しいですね。



【ユーロ円】

史上最高値更新も週足ではいわゆる首吊り線が出ており、ここから買いでついていくのは正直怖い。ドル円が105.80を下抜けると、今週の上げがダマシになる可能性が非常に高いので、少なくともユーロドルが1.5860、1.6060を抜けるまで買いポジションはやめておくほうがよさそう。史上最高値&クロス円であることを考えると、大きなオーバーシュートはありえそうなのでショートもすぐには仕掛けづらい。まずドル円が105.80をブレイクしたことを確認してから仕掛けたい。こちらはまだまだ仕掛けるポイントがいっぱいあるので、あせらずに攻めたいところだ。

« 引け値は天国と地獄の分かれ目?105or106円? | トップページ | 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 引け値は天国と地獄の分かれ目?105or106円? | トップページ | 東京株式市場が反転すると、キャッシュフローが変わる? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ