2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« シュートスクイズ炸裂、踏み上げ相場へ。 | トップページ | 未だ上値が重い、ただし下値も限定的。 »

2008年4月19日 (土)

動き出した相場と変わらぬファンダメンタル

やっと今週はドル円がレンジを抜けましたね。とりあえず104円Midまで駆け抜けましたが、利食いで大分下げて終わりました。実は金曜日の上げで114円-108円の高値高値ラインをブレイクしており、その分のパワーも加味されたようです。とりあえず95円までの下げはひと段落し、反転したと思います。ただし、長期的には未だ下げトレンドで、週足のレジスタンス107.60や日足200日移動平均111.00が抵抗線になります。また、長期トレンドと逆なのでそこまで上がらないこともありえます。ロングを持っている人、また持とうとしている人は注意を怠らずに行きましょう。とはいえ、とりあえずは107.60を目指すとしてポジションを作ります。月曜日は日経も上げ基調でしょうし、ウェリントンで無理やり押しても102.80程度まででしょうから、できれば103円Low-Midで拾いたいところです。

一方、ユーロドルはなんとか1.57ドルを守り、1.58Lowまで戻しました。ドル円が急上昇したので、1.57を割り込んだら遊びで売りかけようかな?と思っていたのですが流石にそこまでは下がらず、なんとか踏みとどまりました。ユーロドルの日足では未だ安値を切り上げており、なんとかブルトレンドを守ってますが逆に安値を切り下げると急落する可能性が高いですね。また、日足でのサポートラインが守られなくなっている(下離れはまだしてませんが・・・)ので、上値が重くなりそうです。こちらは正直まだどちらに動くのか?よくわかりません。今までユーロドルは下げそうで下げなかった通貨ですので、売りからは入りにくいです。できれば1.55を割るまでは手を出したくありません。こちらも長期的にはブルトレンドに変わりがありませんので、無理をせずに行きたいですね。遊びなら1.5660を割った時点で少しだけ売りかけても良いもしれませんが・・・。



今後の注意点はファンダメンタルと逆方向に動く相場にどう対応するかです。例えばドル円ならファンダメンタル&長期トレンドは未だ下げですので、本来なら買わなくても良い場面です。むしろ107円までのどこで売るかを考えるべきなのでしょうが、そんなことをしていたらお金が貯まりません。本ブログを見てくださるからには多少のリスクを負ってでも、リターンを求めていると思います。そういった考え方をするなら、ファンダメンタルと逆方向に動く相場でも勝つ方法を考えねばなりません。今回が良い試金石になると思いますので、各々のトレード方法を検証してみてはいかがでしょうか?

兎にも角にも、相場が動きだしてくれましたので、稼ぎに入りましょう。

« シュートスクイズ炸裂、踏み上げ相場へ。 | トップページ | 未だ上値が重い、ただし下値も限定的。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シュートスクイズ炸裂、踏み上げ相場へ。 | トップページ | 未だ上値が重い、ただし下値も限定的。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ