2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ファンダメンタルズから見る今後の動き | トップページ | どちらがダマシか?見極めが必要。 »

2008年4月 6日 (日)

テクニカルから見る今後の動き

【ドル円】

[長期]95年から始まった長期の三角持合を下抜けしてり、ドル安傾向が続く。昨年つけた高値から年末の114.64を通るレジスタンスラインが現在109円Highにあり、また200日線が112円Lowにある。続落を視野に入れつつも当面109円までの戻しを想定しておきたい。

[短期]一旦95円Highで安値を付けたものの、雇用統計が悪かったのもあり次週は再度下げを試しそう。上値は年末の114円と2月の108.32を結んだラインがレジスタンスになりそうで、今103.94にある。下値は95.77と戻り安値98.55を結んだサポートが99.89にあり、また日足の短期サポートラインが100円Midにあるのでここらがうまくワークするか見極めたい。つまり、100円Lowから99円台は買い場探しで、99円割れで撤退。上値は104.20を越えなければ利食いし、越えればホールドで109円を待ちたい。



【ユーロドル】

[長期]依然ユーロ高傾向が続く。サポートラインは昨年8月につけた1.3360から伸びる第一サポートが1.47High、その下の第二サポートが1.40Low、最終が1.32Midにある。ファンダメンタル的にも短期的にはともかく、長期では変化無しで潜在的な強さは変わらないと見ておきたい。

[短期]先週も述べたが1.3360からの上げ&レンジでフラッグを形成しているとすると先日高値の1.5905が丁度その位置になる。また、1.5905を抜けないと先週頭の高値とでダブルトップを形成することになり、こちらも一筋縄ではいかない。そういう意味では1.60を抜けるまでは1.53-1.59のレンジと見て対処しておきたい。どちらかを抜けるとS/Lを巻き込み大きく動くので、そちらにすばやく飛び乗りたい。逆にレンジ内ではあまりにトリッキーに動くので抜けるまでは待ちで対処したい。









« ファンダメンタルズから見る今後の動き | トップページ | どちらがダマシか?見極めが必要。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ファンダメンタルズから見る今後の動き | トップページ | どちらがダマシか?見極めが必要。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ