2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 野も山もみな弱気なら あほうになって買いの種まけ | トップページ | ユーロドル調整でドル安一服。ダウ次第の相場が続く。 »

2008年3月10日 (月)

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育つ。楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。

「相場は常に多くの人の失望が過ぎ去りつつある中で生まれて、少数の人間によって見つけられ多数の人はそれを疑う中で大きくなっていきます。多数意見が相場に追いつくころにはすでに峠を越えており、みんながそれに乗ってきだしたときは反転し始める」という相場の本質をついた金言です。残念ですが全員がハッピーになる相場というのはないのかもしれませんね。特にFXの場合は常に相手が損をしている訳ですから、尚の事です。

« 野も山もみな弱気なら あほうになって買いの種まけ | トップページ | ユーロドル調整でドル安一服。ダウ次第の相場が続く。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野も山もみな弱気なら あほうになって買いの種まけ | トップページ | ユーロドル調整でドル安一服。ダウ次第の相場が続く。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ