2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円95円台も、下げ止まり感無し。 | トップページ | FOMCへの備え方。これは嵐の前の静けさか? »

2008年3月17日 (月)

ファンドの仕掛けに売り方も注意!!

週初から荒れますね、ドル円ショートでの仕掛けも急騰も視野に入れながらの対応になります。昼のアップ時から若干状況が変わっているのでそれを含めコメントしたいと思いますので、お付き合いください。

さて相場全体を見回すとユーロドル、ドルスイスも値を若干戻しておりドル売りも流石に一服といったところです。ただし、未だドルショートが終わったわけではなく、再度下値を確認することになると思います。特にドル円に関してはショートパターンに完全にはまっており、まだ買い場ではありません。そろそろとは思いますが余計な手を出すと火傷するので、ロング派はひたすら我慢です。さらにドル円に関して詳細に述べれば、本命のレジスタンスが99円ジャストにあり、さらに96.80に第二のレジスタンスがあります。現在この96.80にある第二のレジスタンスに頭を抑えられながら切り下がっており、まだショート継続の形になってます。したがって今後のシナリオとしては次の3パターンが考えられます。

シナリオA)このまま97.80を付け、99円程度まで上昇

シナリオB)一度下落し95.50-00の下値を確認し、再上昇

シナリオC)このまま95.20を下抜けし、93or94円を目指す。

明日のFOMCを控え急上昇、急降下のどちらも考えずらいので、シナリオBを想定し対応します。まずとりあえずショートを持っている人は今日の安値95.70を考慮し95.50-00あたりで利食いを実施し、再度戻り売りしたいところです。詳しく述べればまずは戻り安値の96.30が割れるかどうか?に注目して、割れなければ利益確定、われれば95.60-80くらいまででの動きを見つつ適宜利食いし、一部ショートを温存したいと思います。ユーロドルも同様に1.5860-5930でまず利食いするのが良いと思います。その後押し目を拾う戦術で十分かと思います。逆にこのまま1.6000を目指すようなら流石に達成感が出ると思いますので、要注意です。



あまりの急落にちょっと神経が麻痺してしまっている感がありますので、無理は禁物です。速めに利食いした方が良さそうです。金曜日に売った場合は十分利益が取れていると思いますので欲張らずに行きましょう。



保有ポジションは

①EURUSD BUY 1.5530 (S/L 1.5600)

②USDJPY SELL 99.70 (S/L 99.00)

③USDJPY SELL 99.40 (S/L 99.00)




昨日は当ブログ最高のアクセス数を821Hitをつけました。月間でも今月は既に過去3ヶ月の平均アクセス数の倍近くアクセスいただいてます。みなさんに感謝です。暇な人はぜひ感想なりコメントいただければと思います。ヨロシク!!!

« ドル円95円台も、下げ止まり感無し。 | トップページ | FOMCへの備え方。これは嵐の前の静けさか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円95円台も、下げ止まり感無し。 | トップページ | FOMCへの備え方。これは嵐の前の静けさか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ