2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! | トップページ | ドル高方向も攻めきれず、なお方向感無し! »

2008年2月24日 (日)

波乱必至の1週間が幕開けする。

週始はドル買い水曜を分水嶺にドル売りに傾き、ドル円は108円Midで跳ね返され、ユーロドルは1.48ドルに乗せた1週間でした。おおむねレンジ内での動きでスイング派は難しい日々が続いてますね。今週は新しい戦術を試してみたのですが、EURUSDで138Bips、USDJPYで38Bipsのみ採れました。ドル円はともかく、ユーロドルはもう少しい採れてもよかったですが、まだまだです。ただこの戦術はロングで有効活用できそうなので、今後強い武器になりそうです。うまくブラッシュアップしていくつもりです。



来週の予想ですが、ドル円はまず106.80を明確に割り込めるか?どうかですね。金曜日に一応は割れているのですが、割り込んだ後に急落していないこと、結局107円にのせて終わっていることから微妙な感じです。日足では114.95からのサポートラインをザラ場で割り込み、終値で維持しています。MACDも反転しかけており、ブルベアどちらにころんでもおかしくないですね。チャートポイントは上が戻り高値の上の109.20,中期レジスタンスの112.20、下が先週安値106.80の下で106.60、安値下114.60、安値と安値を結んだ103.40です。特に106.60は週初に仕掛けられるかもしれませんので、ロングポジションを持っている人は注意です。



ユーロドルは金曜と見方は変わってません。再度1.4700-50程度まで落ちた後、1.49まで上昇しレンジ上限を叩いてから、レンジ下値1.44近辺を叩きに行くと見ています。ただし1点だけ気になるのが、水曜日にも書きましたがレンジの下値が切りあがっている気がすることです。そろそろレンジになってから3ヶ月経ち、三角持合になってきているのかも知れないということだけ頭の片隅にいれておきたいですね。



最後にファンダメンタルと指標について、来週は特に大事そうな案件が多いのでまとめておきましょう。

①2/26(火)のPPI、2/27(水)耐久財受注、2/29(金)シカゴ&ミシガン指数

②2/27(水)バーナンキFRB議長の下院議会証言(2/28は同じ内容なので無視)

③モノライン格付け問題の決定(2月中)

①はコンセンサスに対しどうなのか?ですが、②、③はどのような内容になるのか?わからないだけにサプライズには注意です。特に③は格下げが決定された時点で、各金融機関で含み損が計上されることにもつながり注意が必要で、ファンダメンタル的にも株価的にも下落は避けられません。その場合はドルロングは持てなくなるでしょうからレンジを抜けるきっかけになるかもしれませんので、発表直後の動向に注意を払いましょう。

« ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! | トップページ | ドル高方向も攻めきれず、なお方向感無し! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! | トップページ | ドル高方向も攻めきれず、なお方向感無し! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ