2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロドルがレンジから三角持合へ移行? | トップページ | ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! »

2008年2月21日 (木)

相場に勝つ方法は負けから学ぶこと。

ドル円は時間足では下値を切り上げつつ、上抜けるチャンスを窺ってますね。107円を下抜けしたらトレンドがレンジに移行すると思いますが、それまでは買い上がりです。日足はトレンドレスですが、逆に上抜けすると新たなトレンドが始まることになります。下抜けると逆に、109円をトップに105円との間でのレンジに移行しますね。タイミング的には今日のフィラデルフィア連銀指数、および景況指数がきっかけで動く可能性が高いですが、そうでなければ来週火曜日のPPIまでお預けになりそうです。

ユーロドルは昨日切ってしまったのをあざ笑うかのように、切ったとたん戻りはじめ結局1.4750近くまで戻ってます。昨日の利食いが早かったのか、それとも仕方ないのかは現時点ではまだ判断できません。今後のユーロの値動き、具体的には1.4700を割り込まずに上がるのか?それとも1.4750をバックに急落するのか?で変わります。前者なら次回から見切りのポイントをもう一段下げること、後者なら今回のミスは仕方ないと思います。じっくり観察していきます。



FXを始めた後に株式を始めたのですが同じ相場でもまったく違いますね。FXのほうが3倍くらいスピード感があり瞬時の判断が必要ですし、株式は逆にじっくり攻めたほうが良いようです。ただし、共通していることもあります。そのひとつが負けから学ぶことです。

上でも書きましたが昨日のユーロドルは損切りというか利食いが早すぎました。ただし、それは次回同じシチュエーションになった時、どうすればいいか?という判断の材料になります。もしこのままユーロドルが上抜けしたら次回から見切るポイントをもう一段下げれば良いですし、下抜けたら今のポイントで利食いし、戻り売りするということになります。



相場に勝つ方法のひとつは自分の得意な形を作ることですが、もうひとつは自分の負けた・失敗したトレードから失敗を学び、次回に生かすことです。失敗や負けた相場からことができるようになれば相場に勝てるようになると思います。時には失敗したトレードは見るのも嫌になりますが、ぜひ見直すようにしてください。ただし、その時に判断の基準にするのはチャートしかありませんので、基本くらいはぜひ学んでから相場に入ってください。

« ユーロドルがレンジから三角持合へ移行? | トップページ | ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーロドルがレンジから三角持合へ移行? | トップページ | ドル円、要衝点106.80を窺う動き!!! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ