2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 株と為替の連動、金融政策がどうなるか? | トップページ | 次の利下げはどこ?催促相場は続くのか? »

2008年1月21日 (月)

安値での突っ込み売りはさけ、戻り売りに徹すべし。

ドル円、ユーロ円ともに大きく値を下げているものの、今ひとつ下げ足が遅い。ドル円、クロス円は安値を突っ込み売りするのではなく、戻り売りに徹するほうがよさそう。ドル円なら117円Low-Midくらいまでの戻りがあれば売りたいところです。ドルストレートなら、ユーロドルを売りかけたいのですが、こちらも1.45Mid-Highくらいまでは戻りそうなので、そこから売りかけたいですね。

為替と株の連動は続いていますが株式は(今日NYが休みなので)明日も下げるでしょうから、そこで売りなおしても間に合いそう。今日無理なポジションを作る必要はなさそうです。無理せず様子見しましょう。

« 株と為替の連動、金融政策がどうなるか? | トップページ | 次の利下げはどこ?催促相場は続くのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 株と為替の連動、金融政策がどうなるか? | トップページ | 次の利下げはどこ?催促相場は続くのか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ