2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ISM 製造業景況指数、雇用統計と来週の戦術 | トップページ | USDJPYは110.20がクリークポイント(要衝点)。短期トレンド転換なるか? »

2008年1月 7日 (月)

109円乗せ、売過シグナル点灯!

とりあえず109円に一度乗せたことで、ひとまずは売りモードはしばし休憩となりそう。日足でも乖離率が売過シグナルを出したことで、107.80が仮下値として見てよいと思う。長期的には下げると思うが作戦としては短期で買いで付いて行きたい。

①もう一度ツッコミ売りが入って、下抜けしないことが確認できたら買い。

②109円後半のレジスタンスを抜けたら買い



①USDJPY BUY 107.40-107.80

②USDJPY BUY 109.80-110.20

(共にS/L106.80)


売りは

USDJPY SELL 106.80

(S/L112.00)


EURUSDは今週ECB金利発表&トリシェ総裁会合があるので、あまり積極的に仕掛けずらい。今は様子見に徹したい。

« ISM 製造業景況指数、雇用統計と来週の戦術 | トップページ | USDJPYは110.20がクリークポイント(要衝点)。短期トレンド転換なるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ISM 製造業景況指数、雇用統計と来週の戦術 | トップページ | USDJPYは110.20がクリークポイント(要衝点)。短期トレンド転換なるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ