2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! | トップページ | EURUSDがH&S成立。売りシグナル点灯もどこまでいけるか? »

2007年12月13日 (木)

共同声明も効果無し、サブプライムの深刻さ。

各国中銀の共同声明も一時的な効果のみで、結局元鞘の状態に戻っている。昨日の戦略に沿って対応出来れば良かったのだが、あまりの急上昇のうちに対応できなかった。声明の内容にも『逆にそれほどの資金投入をしなければ立ち行かない銀行があるのでは?』という疑念によりドル買いを躊躇してしまった。相場は難しい。さて、基本戦略には変更無し、EURUSDの再度の売り場探しだが、昨日の作戦にもう1つ加え

①EURUSD SELL 1.4740-1.4760 (S/L 1.4830)

②EURUSD SELL 1.4560-1.4600 (S/L 1.4830)

③EURUSD SELL 1.4460-1.4500 (S/L 1.4830)


で様子をみたい。①は戻り売り狙いなので確実に上で止まったのち仕掛けたい。

②、③は現状のレンジブレイク狙いでの対応。今日のダウ次第にならざるを得ないので、②の仕掛けが難しいところだがチャレンジ気味に仕掛けて行きたい。



上でも述べたが年末年始とはいえ、そこまで資金供給しないといけない金融機関があるのではと疑ってしまう。来年もサブプライムの余波は今後も何度も問題になるだろう。過敏にMKTは反応するだろうから、振り落とされないように気を抜かないでおきたい。

« FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! | トップページ | EURUSDがH&S成立。売りシグナル点灯もどこまでいけるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! | トップページ | EURUSDがH&S成立。売りシグナル点灯もどこまでいけるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ