2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« FOMCと注目すべきチャートポイント!! | トップページ | FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! »

2007年12月12日 (水)

FOMC0.25%DOWN、想定内の動きに終始。

先ほどFOMCで0.25%利下げが決定された。0.50%の利下げを期待していたダウは150ドルを越える下落を示している。昨日の予想である

USDJPY 109.40-112.20 (S/L 109.00,112.60)

EURUSD 1.4500-1.4730 (S/L 1.4460,1.4760)


に対し、FOMC前はUSDJPY、EURUSDはおおむね上値持合を形成していた。FOMC直後にドル円はダウ急落を受けて111円を割り込む展開だが、110.80でキャップされ下落は進んでいない。EURUSDはほぼ動かず。FOMC前にEURUSDを1.4720で売っていたが金利発表後に買い戻し、ついでにUSDJPYを111.20で売ったが110.80を割れないのでこれも買戻しした。現在、ノーポジション。今後の見通しとしては大きくは上記のレンジと思う。短期的にはUSDJPYは110.80を割れても目先109.80-110.20程度での買い場探し?で、さらに109.40を割れても、107.80までは再度の買い場か?狙うなら株価の動きに追従したデイトレのみが無難。どうもEUR,USD,JPYそれぞれ一長一短で、チャートの形もファンダメンタルと対立しているのでいまいち勝負する気になれない。まさしく三すくみ状態。ただすでにクリスマス相場なので無理をする必要は無いのかも?今年はこれで終了かもしれない。やるにしてもポジションは軽くして挑みたい。

« FOMCと注目すべきチャートポイント!! | トップページ | FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FOMCと注目すべきチャートポイント!! | トップページ | FOMCとその後の動き。EURの調整が本格化するか注目! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ