2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 雇用統計前とFOMCを前に・・・。 | トップページ | USDJPYが112.20を越えるか越えないかはEURUSD次第? »

2007年12月 7日 (金)

雇用統計後は110.00と112.20に注目!

雇用統計の結果、良ければリセッションの後退、悪ければ利上げの0.50%を織り込むということでどちらにしろダウは上昇するだろう。とすればドルも上がるのか?雇用統計直後のUSDJPYは注目点は現状のレート111.50近辺から、下落するなら110.00までは買い場、もし上がれば112.20までは様子見、越えれば買いでついていきたい。一方で非ドル通貨の動きとして、EURUSDとGBPUSDの動きに注意を払いたい。昨日の安値1.4520、2.0180がサポートされるのか注目。抜けると両通貨とも相場が崩れる可能性が出てくる。逆にサポートされると調整終了となりそう。

« 雇用統計前とFOMCを前に・・・。 | トップページ | USDJPYが112.20を越えるか越えないかはEURUSD次第? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雇用統計前とFOMCを前に・・・。 | トップページ | USDJPYが112.20を越えるか越えないかはEURUSD次第? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ