2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« USDJPYはダウントレンド突入!EURUSDは買い場か? | トップページ | 来週の行方とUSDJPYの下値めどは? »

2007年11月24日 (土)

USDJPYは本格的なダウントレンドに突入。残る問題はクロス円の行方か?

今後の方針は明日に回すとして、今週までを振り返るとドル円は注目の109円を明確に割り込みダウントレンドが継続していることを確認した。これでチャートポイントとしては101円まで大きなポイントは無い。ファンダメンタルズからするとありえないと思うが、もし101円を割り込むとEURUSDが史上最高値をとっている状況をして、ひょっとすると新値を取る可能性が0ではない。俄然注目されだすだろう。ただし、金利を上げられない状況で100円を割るのは難しいと思うが・・・。逆にロング派はそのまま落ちるかどうかは別にして残念だが撤退すべき。101円は堅いポイントなので、そこで買いなおせばよいと思う。

したがって今後の大まかな方針としてショートで売り増しながら101円手前で買い戻し、プラス101円手前でロング構築。もし100、101円をブレイクしたらドテンで売り直し再度勝負となる。



上に述べたようにUSDJPYはわかりやすい形になってきたが、問題はクロス円だ。注目しているEURJPYとGBPJPYはともに週足がダブルトップの形になっている。特にGBPJPYはネックラインの220円アラウンドに急速に近づいてきており、怖いパターンだ。円キャリーという意味では両通貨共にだいぶ積みあがっているはずなので、壊れるときはスピードも速いだろう。EURUSD,GBPUSDのストレート通貨もクロス円に引っ張られる可能性が大きいので注意したい。



さらに、ここで気をつけなくてはいけないのはEURとGBPが異なる動きになっていく可能性だ。今後のECB,BOEの政策運営次第でファンファメンタルに変化があるかもしれない。ECBが金利引き上げ、BOEが金利引き下げに走ると乖離しだすと変化が現れだす思うので各中銀の動きにも注視したいところだ。

« USDJPYはダウントレンド突入!EURUSDは買い場か? | トップページ | 来週の行方とUSDJPYの下値めどは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USDJPYはダウントレンド突入!EURUSDは買い場か? | トップページ | 来週の行方とUSDJPYの下値めどは? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ