2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« なにをきっかけに動くか? | トップページ | 外部要因に振らされる相場が続く。ただし、EUR、GBPは注意。 »

2007年11月14日 (水)

休憩して模様眺め!とりあえず底を確認、今後は上値を確認か?

すべてのショートポジションをいったん110.80でクローズ。

トータルで約300pointの利益。昨日のコメントどおり、現在は様子見中。



チャートではタイトルのとおり、とりあえず109.00が底であることを確認した形。

トレンドがブルに変換するには最低でも114.20を越えないといけないが、そこまではまだまだ遠い。

基本レンジ相場へ移行すると想定され、上値は112or113であると思われる。

売り過ぎシグナルが点灯中であるため、意外と上値が跳ねる可能性もあり

とりあえず上値を確認するまでは買いも売りもせずスクエアで様子見が良い。

ただし109.00が切れるパターン、つまり108.60がHitしたら問答無用の売り転換



株式の買い戻し、経済指標等の良し悪しにて動く神経質な動きになりそうなので、サラリーマンのように四六時中張り付いていられない面子は対応が難しい。まあ、あわてて動く必要もなさそうなので、ポジションを無理やり作る必要も無いだろう。ただし、ユーロ金利、英国金利に関する懸念やFEDの動向如何によっては急変もありえるため情報チェックは怠らないほうが良いと思われる。



« なにをきっかけに動くか? | トップページ | 外部要因に振らされる相場が続く。ただし、EUR、GBPは注意。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なにをきっかけに動くか? | トップページ | 外部要因に振らされる相場が続く。ただし、EUR、GBPは注意。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ