2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 膠着状態でショートポジションは悩みどころ。 | トップページ | 109.70-110.80のブレイクに注目 »

2007年11月11日 (日)

ドル安トレンドは確認。ただし、日足では売り過ぎか?

今週を振り返ると、前半は113-116のレンジから、後半にレンジブレイクし、年初来安値を更新した。ポイントとしては①113.23をブレイクした112.80、②9/10安値下の112.20、③8/17安値下の111.00-40が仕掛けどころだったと思われる。実際に仕掛けられたのは①'112.80、③'111.40、③''110.80の箇所で、②の112.20では①と時間差がない為、仕掛け損なっている。今後の反省点としたい。



さて、次週だがドル安は継続すると思われる。週末は安値引けしており一服感は無い。ただし日足では売り過ぎシグナルが点灯しており、止まるとしたら心理的な節目110.00のオプション防戦か、昨年の安値の109.00がポイントではないかと推量している。

そこで次週のオペレーションとしては111.00以上のポジションはHOLDし、110.80のポジションを中心にケアしつつ戻り売りを狙いたい。もし週明けにこのまま急落するようなら全ポジションホールドのまま下で作るであろうレンジにてブレイクに対処する。もし下値が抑えられたなら現状では前々回に述べた111.80が戻りのポイントになりそうなので、そこを越えられるかを見つつポジションのケアをしたい。とりあえずは週明けの早朝の値動きに注視。ブレイクの仕方によるが109or110円の下どちらかでは再度売り増しをしたいところ。

« 膠着状態でショートポジションは悩みどころ。 | トップページ | 109.70-110.80のブレイクに注目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 膠着状態でショートポジションは悩みどころ。 | トップページ | 109.70-110.80のブレイクに注目 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ