2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ヘッジファンドとオプション取引。期日設定日に注目。 | トップページ | 109円割れ示現。ただし、チョークポイントで無いので売りエントリーは未だ待ち。 »

2007年11月20日 (火)

日経反騰はファンダメンタル転換を暗示?EURUSDは分水嶺。

前日ダウが200ドル以上のマイナスを受けての株式相場は今日午後になって午前の弱気相場をひっくり返したかのような反騰相場になった。本日のダウがどうなるかわからないが、ダウと日経の連動が乖離しだしたとすると今度は株と為替の連動も乖離しだすのではないかと思われる。今までの米国と日本におけるファンダメンタルの転換になるのかもしれない。今日のFOMC議事録も含め注目していきたい。



ただし、未だチャートポイントは遠く動きずらい。USDJPYは109-112円のレンジで終始しそう。作戦としてはどちらかギリギリまで引き付けての逆張りくらいしか思い浮かばない。またEURUSDが高騰し、1.4800を示現している。だだし上値としては1.4830がチャートポイントであり、ここを越えないと上昇はおぼつかない。ここを越えると再度のユーロ高コースが始まり、心理的節目の1.5000近辺が意識されだすだろう。もし議事録発表後にここを越えたら値動き次第だが打診買いをしたい。打診買いについては明日続きを・・・。

« ヘッジファンドとオプション取引。期日設定日に注目。 | トップページ | 109円割れ示現。ただし、チョークポイントで無いので売りエントリーは未だ待ち。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘッジファンドとオプション取引。期日設定日に注目。 | トップページ | 109円割れ示現。ただし、チョークポイントで無いので売りエントリーは未だ待ち。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ